口内炎によく効くおすすめ市販薬ランキングBEST3+α

口内炎によく効くおすすめ市販薬ランキングBEST3+α

口内炎はできるだけ早く治療したいものです。とっても小さいものなのですが存在感がありますし、独特な痛みは少しでも早く軽減させたい!

病院に行って処方していただく薬の方がいいとは思っていても、なかなか病院に行って口内炎の治療をするというのも難しい、という方におすすめの人気市販薬をランキング形式でご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

口内炎の市販薬は自分に合ったものを選びます!

どんなものでもそうかもしれませんが、お薬を選ぶ時には自分に合ったものを選択するのが望ましいと言えます。

もちろん症状によっても選ぶ市販薬を変えてみるのもいいでしょう。どうしてなのかというと、それは口内炎の市販薬は色々なタイプのお薬が販売されているからなのです。

例えばパッチタイプや塗るタイプ、スプレーするタイプに飲み薬など、さまざまなタイプの薬が販売されていて、より使いやすいものがやはり人気が高いのです。

もちろん今回のおすすめ市販薬ランキングもタイプは色々とありますので、より自分に最適だと感じたものを試してみてはいかがでしょうか。

口内炎市販薬ランキング 第1位 【クイックケア】大正製薬

市販薬で口内炎を治す事ができるとして選ばれているのが大正製薬の「口内炎パッチ 大正クイックケア」です。10枚で1セットなので多くもなく少なくもないのも人気の要素の一つかもしれません。

こちらのお薬は、口内炎ができている部分にテープを貼るだけでいいので、お手頃価格で口内炎の嫌な痛みなどの症状を一時的に忘れさせてくれるというメリットもあります。

どんな人が選ぶのかというと、口内炎の痛みがいつもよりもひどくて、ちょっとしたしょっぱいものでもしみる! という方などに最適な市販薬です。

なぜかというと、このパッチは口内炎にかぶせるように貼る事ができるので、そこからさらに痛みや傷を広げる事がありません。ばい菌が侵入数のを防ぐ事もできるのでいいですね。

さっと簡単に貼って対処をする事ができるので、市販薬ランキングでも堂々の1位を獲得できたのでしょう。

関連記事:【おすすめ口内炎パッチ5選!種類と効果的な使い方とは?】

口内炎市販薬ランキング 第2位 【ケナログ口腔用軟膏】

Bristol-Myers Squibbから販売されているのがケナログ口腔用軟膏ですが、こちらは軟膏タイプの口内炎用のお薬となっています。

副腎皮質ステロイドの抗炎症作用があるお薬で、口内炎の症状全般を徐々に鎮めていくという働きを持っています。歯肉炎や難治性口内炎などの口の中のトラブルを改善するためにも利用されています。

高い消毒作用があるのですが、より確実に効果を実感するためには手を洗い、口の中をしっかりとすすいで清潔にしましょう。

軟膏を塗る場合には清潔にした口の中を乾燥させる必要があるので、ティッシュやガーゼなどで水分を優しく取り除き、そこへ適量の軟膏を塗っていきます。

後は薬の成分がしみ込んでいくのを待つだけです。とても簡単で高い効果が期待できるので、おすすめの市販薬だと言えるでしょう。

口内炎市販薬ランキング 第3位【チョコラBB】

飲み薬の中ではもっとも人気が高く安定した効果を期待できるのがエーザイの「チョコラBBプラス」です。口内炎や舌炎そして口の両脇にできる嫌な口角炎や、肌荒れやニキビなどにも優れた効果を発揮してくれるお薬です。

チョコラBBはビタミンB2を配合しているお薬で、飲み続ける事によって粘膜の健康状態を保ってくれる働きがあるので、特に女性には人気が高い市販薬だと言えるでしょう。

ステロイド系のお薬はちょっと怖いと感じていたりする方には、どちらかというと薬よりはサプリメントに近いから、という理由で親しまれているのかもしれません。

もちろんこれらの人気の市販薬だけでは治りにくいのが口内炎ですよね。そこで人気の市販薬とは別に気をつけたい事を次にお話ししましょう。

口内炎は薬に頼りっきりではなく口内環境を改善すべき!

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

そもそも口内炎は傷ついてしまった粘膜に細菌が入り込む事で起こりますので、原因の改善を同時に行う事も重要なポイントとなります。

例えばですが、細菌が繁殖しやすい環境であるならば、うがいを定期的に行うというのも大切です! うがい薬を使ってうがいをすればより効果は高くなるからですね。

さらに口の中全体を清潔にしたいのならば、うがい薬を使うのではなくリキッドタイプの歯磨き液などを使う事もおすすめです。

最近多いドライマウスの方には特にリキッドタイプの歯磨き液は、お手入れをする時に粘膜を傷つけないのでおすすめできるのです。

いずれにしても、自分のライフスタイルや口内炎の状態をよく考えて、人気の市販薬ランキングを参考にして最適な方法を見つけるといいでしょう。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)