歯茎や唇の口内炎が膿んだ!症状の原因と治し方を教えて!

歯茎や唇の口内炎が膿んだ!症状の原因と治し方を教えて!

口内炎が膿んでしまう場合の原因として考えられるのは、やはりアフタ性口内炎である可能性が高いというのが最も納得がいく原因ではないでしょうか。

もちろん膿んでしまうのにはもっと何かが関わっている可能性が高いのは事実です。今回は口内炎が膿む原因と治し方についてをご紹介していきましょう。

<スポンサードリンク>

アフタ性口内炎の原因について

まずはすでにご存知の方もいると思いますが、アフタ性口内炎の原因についてを簡単に説明していく事にしましょう。

アフタ性口内炎というのは主に怪我をした事によって、その傷口から雑菌が入り込んでしまい繁殖してしまったために起こる炎症の一つです。

体内に雑菌が入り込んでしまうのを防ぐために、傷口に白血球が集まってきて菌を攻撃し、攻撃によって死んでしまった白血球が傷口付近に集まるため、白いできもののような感じに見えるわけです。

要するにアフタ性口内炎というのは怪我をしたところが膿んだのと同じ現象が、口の中でも起こっていると考えていいでしょう。

なぜ膿むのか? それは傷口に雑菌が繁殖してしまったから! というのが最も簡単で簡潔な答えであるのは明白です。

アフタ性口内炎の膿みが大きくなってしまう原因

傷口に雑菌が入り込めば延々と白血球と雑菌の攻防が繰り広げられてしまいますので、原因は口の中が雑菌だらけだからというのが一番簡単な原因でしょう。

口内炎ができた時にはうがいをすると良いというのはここにあるわけですね。うがいをする事によって口の中の雑菌が繁殖する事ができないので、口内炎が膿んで患部が大きくなる事は無いのです。

この事から口内炎ができてもできていなくても、常に口の中の雑菌を減らす事が重要であるという事がわかります。雑菌を減らす事で口内炎が大きくなってしまうのを防ぐことができるわけです。

そのためにはうがいを定期的に行うのが最も簡単な治療法となります。いけないのは口の中の雑菌を繁殖しやすくしてしまう事ですので、常に清潔に保てるよう努力を必要とします。

免疫力の低下が膿みを広げる原因となる事も!

もう一つは口の中の口内炎が大きくなってしまう原因に免疫力の低下があげられます。普段からバランスの取れた食生活を送る事によって、免疫力を落とさない事もできます。

どれか一つをたくさん食べればいいというのではなく、バランスよく食べる事が望ましいと言えるのですね。特にビタミンが不足してしまう事によって口内炎ができやすくなる事もあります。

栄養バランスが崩れてしまうと免疫力が低下してしまいますので、特にビタミンをバランスよく食べた方が良いのではないでしょうか。

主食と副食のバランスをしっかりと考えて、より多くのビタミンやミネラルを補給できるように気を付けるといいかもしれません。食生活の改善で口内炎への抵抗力を高める事もできるはずですね。

また、免疫力を下げる原因に生活習慣の乱れというのがあります。夜眠る時に眠って朝早く起きる、この生活を送る事でストレスを軽減できますので、免疫力の低下を防ぐ事にもつながるでしょう。

<スポンサードリンク>

口内炎を改善するためのうがいの方法について

うがいは特別うがい薬を淹れたりしなくても大丈夫です。3時間に1回程度でいいのでうがいをするように習慣づけるといいかもしれません。雑菌の繁殖を阻害する事ができるので口内炎が広がるのを防いでくれます。

うがいをする前にハミガキをするのもおすすめです。口の中の雑菌を少しでも軽減する事ができれば、口内炎ができたとしても膿んだりしないで素直に治ってくれるのではないでしょうか。

気を付けて欲しいのはこれらの改善策をとっても口内炎が広がってしまったりしたら病院を受診しましょう。もしかすると口内炎ではなくがんなどの恐ろしい病気の可能性もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は口内炎が膿んでしまう原因についてを簡単ではありますがまとめてみました。

原因が一般的な怪我だったとしても、毎日続けることができるケアをしていれば簡単に治す事ができますし、口内炎を予防する事ができるのもわかりました。

もちろん噛んでしまう原因の改善も必要ですが、これらの原因を排除しても口内炎が広がってしまったりした場合には、他の原因が考えられるので早めに病院に行く事をおすすめいたします。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)