おすすめ口内炎パッチ5選!種類と効果的な使い方とは?

おすすめ口内炎パッチ5選!種類と効果的な使い方とは?

口内炎ができた時の食事やおしゃべりは大変つらいものがありますよね。できれば素早く治って欲しいと思ってしまうものです。

飲み薬もいいかもしれませんが、できれば短期集中して治療をしてしまいたいと思いませんか? そんな方が利用する機会が多いのが口内炎パッチです。

今回は口内炎パッチはどれくらいあるものなのか、種類や効果的な口内炎パッチの上手な使い方(効果的な使い方)についてを特集してみました。

<スポンサードリンク>

口内炎パッチの種類が知りたい!

口内炎パッチで有名なものと言えばやはり「大正製薬A 口内炎パッチ」や、「第一三共ヘルスケア トラフルダイレクト」そして「Sato 口内炎治療薬 アフタッチA」などです。

ですが近年では個人輸入などが人気になってきているので、アメリカで使われている口内炎パッチを利用する方も増えてきましたので、今回はアメリカで口内炎パッチと言ったらこれ! という商品についてもご紹介いたします。

まずは日本で購入する事ができる口内炎パッチのご紹介と、それぞれの特徴についてをご紹介いたします。

【トラフルダイレクト】第一三共ヘルスケア

まずは日本でもポピュラーな口内炎パッチの一つと言えば「トラフルダイレクト」です。こちらの製品は大きさも薄さも最も日本人の口に馴染む? からかとても人気があります。

でも人気の秘密は大きさや薄さだけではありません。実はこちらの口内炎パッチはカバー力がとても高く、幅広い範囲をしっかりと保護してくれるので人気が高いのです。

さらに粘着力がとても強いので取れにくいという使い心地がいいようです。値段は12枚入りで1,296円(税込み)で販売しています。

【口内炎パッチ】大正A

口内炎パッチは薄さが0.1mmという薄さも人気ですが、何よりもパッチに含まれている傷を修復する働きが人気の秘密です。

パッチを貼ると炎症を抑えてくれるので、口内炎の治りが早くなるという効果を期待する事ができるのです。なるべく早く嫌な口内炎を治したいという方には特に人気のようです。

大正製薬の口内炎パッチ大正Aは10パッチ入っていて1,296円(税込み)と若干高いような気がしますが、炎症を抑える効果が期待できるのでおすすめです。

【口内炎治療薬 アフタッチA】Sato

口内炎の中でも舌の裏側にできてしまった嫌なタイプにピッタリとして人気なのがSatoのアフタッチです。しっかりと張り付いて口の中の水分を含むとゼリー状になり、密着して口内炎を治していきます。

ただし口内炎パッチの中でも小さいサイズなので、大きい口内炎の治療やカバーとしては向きません。ただし口内炎の治療効果は確かなので集中的に治療したい時には最適でしょう。

10個入りで1,296円(税込み)です。

いずれの口内炎パッチも使う前には口の中を清潔にしてから利用するといいでしょう。歯磨きをしてしっかりと患部周辺の水分をふき取ってから密着させるように着けるといいですね。

アメリカで人気の口内炎パッチと入手法

続きまして、アメリカで人気の口内炎パッチのご紹介と入手方法をご紹介いたします。

アメリカでに人気の口内炎パッチは「Canker Cover」という口内炎パッチ、そしてもう一つは薄型の「Canker Sore Cover Strip」という口内炎パッチです。

しっかりとした口内炎に効果がある成分が入っていて、清潔にした患部に錠剤のようなパッチを貼り付けると、口の中の水分を吸い取って吸着します。

痛みが激しいタイプの口内炎に使うと痛みを全く感じないので人気のようです。ただし日本人のお口に合うのかというとそうも言いきれないようです。

そしてこのお薬は基本的にはアメリカでしか入手できないので、手に入れて試したいと思うのならば、個人輸入をするかもっと簡単にしたいならアメリカ・アマゾンのプライムで入手します。

他にはebayなどでも手に入る事もあるようです。最も安全なのはやはりアメリカ・アマゾンでの購入でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は人気の口内炎パッチの種類や値段についてをまとめてみました。そして日本だけではなく海外で人気の口内炎パッチについてもお話ししました。

どんな口内炎なのかをしっかりと見極めつつ口内炎パッチを選ぶといいですね。また、素早く治したいのなら自分で判断をせずに病院を利用する事も重要です。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)