口内炎にリステリン紫が効く!その効果や口コミ・注意点とは?

口内炎にリステリン紫が効く!その効果や口コミ・注意点とは?

リステリンを使う事で口内炎の予防ができるとして、とても人気が高いのは事実ですが、果たして口内炎ができてしまった後にリステリンを使う事で、どのような効果が得られるのでしょうか?

今回は、今リステリンの中でも紫が万能として人気ですが、口内炎にどのように働くのかやその効果や口コミについてをいくつかご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

リステリン紫がなぜ人気なのか?

発売からとても人気が高いリステリンの紫ですが、なぜこれほどまでに人気が高いのでしょうか? 実は歴代のリステリンは口の中の洗浄を目的として発売された製品です。

始めてリステリンを口にする方の多くはその衝撃的な味から、慣れてしまうまで大変のようですが、慣れてしまうと爽快感を味わう事ができます。

その中でリステリン紫はいくつもの効果を実感できるので簡単にご紹介すると、歯石の沈着を予防する効果、歯垢の沈着を予防する効果、ホワイトニング効果、口の中の浄化、歯肉炎の予防に口臭予防などがあります。

これだけの効果を実感できるのは、歴代のリステリンの中でもこのリステリン紫とピンク(紫のアルコールフリーのタイプ)のみとなっています。

この事からリステリン紫は発売以来人気が非常に高いというわけなのです。

リステリン紫が口内炎に効くって本当

さて、リステリン紫はとても人気なのですが、本当に口内炎に効くのかというのが問題です。口内炎は傷口に入った雑菌が増える事で、炎症を起こしてしまった状態です。

そしてリステリン紫は口の中の洗浄をする事ができるものなので、できてしまった口内炎の治療効果を期待できるように感じますが、リステリンは紫に限らず強い殺菌効果があります。

その強い殺菌作用が実は口内炎には強い刺激となってしまう事があるので、予防のために使うのは良いのかもしれませんが、直接口内炎ができているときに使うのは控えましょう。

そもそも口の中には常在菌というのが存在していて、その常在菌が口の中に入ってきた雑菌を殺菌する働きがあるのに、その常在菌を除菌してしまう事もあるので仕様には注意が必要になるでしょう。

<スポンサードリンク>

リステリン紫の口コミはおおむね良い

ではリステリン紫を実際に使った方の多くは、おおむね満足しているという口コミが目立ちます。確かに口内炎ができる人にとって、使う事でできにくくなったとなれば最高です。

これまで口内炎で悩んできた方にとって、リステリン紫を使った事によって口内炎ができにくくなったという口コミが多いのです。

実際に総合的な評価は高いリステリン紫ですが、長年使っているという方の中には、ただ良い製品だと言い切れない部分があるのも事実のようです。

例えば口内炎がある時に使うと刺激が強いと感じた方がいらっしゃるのも事実です。良い製品であってもメリットばかりの口コミだと怪しいですが、共通するデメリットもあるので信頼できそうです。

ただしリステリン紫は口内炎の治療効果を期待できるものではありません。使用するにあたっての注意点を念頭に入れておくといいでしょう。

リステリン紫を使う時の注意点とは

そもそもリステリン紫だけではなく、リステリンというのは液体ハミガキとして発売しているものなので、確かに強い殺菌力が売りとなっているのは事実です。

口内炎はというと、傷口から雑菌が入り込み増殖してしまった事によっておこる症状なので、当然リステリンなどの液体ハミガキを使うと激しい痛みを感じるでしょうし、口内炎の治りが早くなるとは限らないのです。

また、予防をするためにリステリンを使うとしても、毎日3回使う事によって常在菌が死滅してしまう事もあるので、夜眠る時に使用するなど使い方に工夫をするといいようです。

アルコールが入っているので紫だと刺激が強すぎると感じる方は、同じ使用感でアルコールが配合されていないピンクを使用するといいでしょう。

どんな良い製品であっても使い方次第でいい製品にも悪い製品にもなります。ぜひ使う時には自分の体調に合った使い方をするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はリステリン紫の口コミや効果、そして口内炎への効果についてを簡単ではありますがお話しいたしました。

口コミでも多くの方が言っているように、口内炎の予防をするにしても一日に何度も使用するのではなく、使用する時間や回数を決めて上手に使用してみてはいかがでしょうか。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)