口内炎に効くうがい薬のおすすめはコレ!効果や使い方で治療効果がUPする!

口内炎に効くうがい薬のおすすめはコレ!効果や使い方で治療効果がUPする!

口内炎をできるだけ早く治すのならば、口腔内環境を整えてあげる事が一番です。でもなかなか自分が思っているようにはいかないものですね。

そこで、今回は口内炎を早く治すためのうがい薬でおすすめ商品はあるのか? あるとしたらどんなうがい薬が良いのかについてを簡単にまとめてみました。

<スポンサードリンク>

口内炎にうがい薬は本当に効く?

まずは口内炎にうがい薬を使う事でどのような効果があるのかを知る必要があるので、簡単にうがい薬というのがどのような働きをするのかを調べてみましょう。

そもそもうがい薬というのは、のどに付着した雑菌やウイルスなどを除去するために使うもので、うがい薬を使う事で感染症の予防効果を期待する事ができます。

基本的な使い方は水などに数滴たらして口に含み、上をういてガラガラと空気を吐きながら咽の洗浄を行い、うがい後はうがい薬を吐き出して終わりです。

つまり咽の洗浄で使うのが一般的な使い方であるというわけです。もちろん口の中をすすぐという意味では、口腔内の環境を改善する事ができると言えます。

ところで、うがい薬というのは市販されているものと、病院などで処方されるものがあるのですが、この二つのうがい薬の違いについてを説明しましょう。

うがい薬にも種類があり効果も違う?

市販されているうがい薬というのはヨウ素入りのタイプと、アズレンを使用したタイプのものがありますが、ヨウ素の配合されているタイプは殺菌作用が多少あります。

ですがヨウ素を使っていないタイプの市販のうがい薬というのは、それほど殺菌効果が期待できるほど無いのが現実でしょう。

つまり口内炎に使用するとしても、口の中を多少スッキリとさせるというくらいの効果しか期待できないものが多いというわけです。では処方されるうがい薬はどうなのでしょうか?

病院で処方されているうがい薬というのは、同じヨウ素のタイプとそうではないタイプのものがあるのは同じですが、配合されている成分の強さが違います。

ですので口内炎の予防や治療効果を実感したいのならば、病院で処方されているうがい薬を利用した方がより高い効果を得られるでしょう。

<スポンサードリンク>

口内炎の治療効果をどのくらい高くするのか?

そもそもうがい薬というのは感染症を予防するためのものであり、口内炎の治療をするために作られたものではありません。

ですのでどちらかというと治療効果よりも予防をする効果の方が高いですが、もしもできてしまった場合でも、雑菌を増やさないために使うのは効果があります。

ただしその場合にはアルコールフリーのタイプのものを選択するといいですね。

つまり口内炎にうがい薬を使用する時よりも、できる前に予防をする目的でうがい薬を使った方が良いという事になります。

おすすめのうがい薬はこれ!

歯科医で処方してもらう事ができるうがい薬では、「ネオステリングリーン」といううがい薬がおすすめです。

このうがい薬は歯科医師に処方してもらう事で手に入れる事ができるもので、粘膜や口の中の怪我に対しても優しい使い心地で、殺菌作用が高いため口内炎も通常より早く治るでしょう。

歯科医師がおすするうがい薬なだけに、苦みもなくうがいやしやすいので人気のうがい薬だと言えるでしょう。

もう一つは「コンクールF」といううがい薬で、こちらも歯科医師がおすすめするうがい薬となっています。こちらのうがい薬の場合は処方されなくても手に入れる事はできます。

ですが歯科医院などで置いている事が多いので、歯科医師で手に入れるといいでしょう。こちらも優れた殺菌作用の割に刺激が少ないのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は口内炎の予防や治療効果を早める手伝いをしてくれる「うがい薬」はあるのか? おすすめのうがい薬はどんなものなのかについてをまとめました。

できれば市販のうがい薬を選択するよりも、歯科医で販売しているうがい薬を使う方が、より高い治療効果や予防効果を得られる事もわかりました。

もちろん普段からの生活習慣の改善や、定期的に歯科検診を受けて口腔内の環境を改善する事を強くおすすめいたします。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)