口内炎を早く治す4つのコツと方法はコレ!口内炎の治療期間を早めたい時に効果的!

口内炎を早く治す4つのコツと方法はコレ!口内炎の治療期間を早めたい時に効果的!

誰もが経験した事がある口内炎は、一度できたら治るまでに1週間~2週間ほどの期間がかかると言われています。

当然ですが治りには個人差というものがあるので、中には2週間以上かかって治るという方も多くいらっしゃるようです。

もちろん病気が原因の口内炎の場合もありますので、お手入れをしても変化が無いという場合には、早めに病院に行って治療する事を強くおすすめいたします。

では口内炎を早く治すための4つのコツを今回はわかりやすくご紹介いたしましょう。

<スポンサードリンク>

早く治すコツ①: 口の中の衛生面に気を付ける!

口内炎ができてしまったら、とにかく口の中の衛生面に気を付けた方がいいでしょう。例えば毎回歯を磨くというのは大変だと思うのであれば、食事のたびにうがいをするなどをするといいですね。

また、夜は雑菌が繁殖しやすくなっているので、できれば歯磨きをした後に刺激の少ないマウスウォッシュなどで、菌の繁殖を防げるようにお手入れをするといいでしょう。

歯磨きをするときには研磨剤が入っていないタイプのものを選ぶといいですね。細かい研磨剤が口内炎の傷口に入ってしまわないようにするためです。

できればこまめにうがいをすると雑菌の繁殖が防げますし、手軽にできるのでいいかもしれません。

早く治すコツ②: 虫歯や義歯は定期的にチェック!

毎日お手入れをしていても、とつぜん歯が欠けてしまったり虫歯になったりする事ってあるものですが、実は意外と歯が欠けてしまったり虫歯になったりしている事はよくある事です。

食事やおしゃべりをしているときに、舌が当たってし

まったりする事はよくあるものなので、口内炎になるような問題が起こらないようにしなくてはならないでしょう。

定期的に歯科医院に行って歯の状態をしっかりとチェックして、欠けていたり虫歯になっていた場合には治療を行うといいですね。

さらに義歯の不具合やサイズが合わなくなってしまったとしても、歯ぐきや舌を傷つけてしまうので、義歯のサイズや金具なども定期的に確認した方がいいでしょう。

早く治すコツ③: 栄養バランスのとれた食生活を!

口内炎は何も口の中の怪我や衛生面が悪くなる事だけでできるのではありません。栄養バランスが崩れてしまって口の中の粘膜が弱くなると、どうしても口内炎ができやすくなります。

ビタミンB群が不足してしまうとどうしても粘膜が弱くなってしまうので、バランスのいい食生活を送る事が望ましいと言えるのですが、なかなか満足のいく食生活は送れないものです。

そこでサプリメントを上手に活用して、不足しがちなビタミンB群を補給する事で口内炎の治療期間を短くしたり、予防をしたりすることに努めるといいでしょう。

口内炎に特化しているチョコラBBなどは飲んでいて損をする事はないかもしれませんね。

早く治すコツ④: 刺激の多い食べ物は控えよう!

辛い食べ物が大好きという方もたくさんいらっしゃいますよね。一時辛いものブームで辛ければ辛いほどおいしいと感じている人もいるのかもしれません。

辛いものや酸っぱいものしょっぱいものなどの刺激が強いものを好む方は、口の中の粘膜を傷つけてしまう事になるので、できるだけ刺激の強いものを食べるのをやめましょう。

どうしても刺激の強いものがやめられないという方もいるかもしれませんが、繰り返し口内炎ができるのが嫌ならば刺激物を食べるのはやめた方がいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は口内炎ができてから治るまでの治療期間と、治療期間を少しでも短くするための4つのコツをご紹介いたしました。

ちなみに口内炎が1週間~2週間以上経過しても治らない場合には、口内炎の原因が他の病気の症状である可能性があります。

その原因となっている病気がすべて難病であるという事にはなりませんが、病気が原因なら病気の治療をしなければ改善はしていきません。

ですので、あまりにも長期間口内炎が出た状態の場合には、迷わずに病院で検査をしてもらうといいでしょう。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)