口内炎の痛み止めに市販薬のロキソニン・バファリン・ボルタレンなどを服用しても大丈夫?

口内炎の痛み止めに市販薬のロキソニン・バファリン・ボルタレンなどを服用しても大丈夫?

口内炎の痛みは我慢できるものとそうではないものがあります。我慢できるものに関しては特に薬などを飲まずに、自然に治るのを待つ事が多いですよね。

ですがどうしても我慢ができないほどの痛みならば、解熱鎮痛剤を飲んで痛みを少しでも軽減したいと思うものです。

そこで今回は、市販薬のロキソニン、バファリン、そして処方薬のボルタレンの服用と口内炎の関係についてをわかりやすくまとめてみました。

<スポンサードリンク>

解熱鎮痛剤の本来の役割から学ぼう!

ロキソニン、バファリン、ボルタレンといった薬名を聞くと、「痛み止め」だとはっきりと認識している方の方が圧倒的に多いですよね。

どの薬も同じように、解熱鎮痛剤として開発されて医療機関でも患者に処方しているお薬です。多くの場合は手術後の痛み止めとして処方したり、抜歯した後の痛みの軽減のために処方したりしています。

皆さんの中にも抜歯したり根治治療を受けた時に処方された経験をお持ちの方もたくさんいらっしゃる事でしょう。

でさて、痛み止めなので当然口内炎の痛みも軽減してくれるのではないか? そうすれば食事も痛みを感じずに食べる事ができるのではないかと思うかもしれません。

それではロキソニン、バファリン、ボルタレンのそれぞれの効果についてを説明します。

ロキソニン(市販薬・処方薬)

解熱鎮痛消炎剤として多くの方に利用されているお薬の代表的なもののひとつですが、ロキソニンはロキソプロフェンという薬名で、主成分はロキソプロフェンナトリウム水和物です。

優れた鎮痛作用を発揮してくれるお薬ですが、眠くなる成分が入っていないので車の運転をする方や、機械操作をされる方などにはピッタリのお薬だと言えるのではないでしょうか。

しかも一日に1錠で効果を発揮してくれるので、忙しくて飲み忘れてしまったりする事もありません。

効果は頭痛、生理痛、歯痛、抜歯後の痛み止め、咽頭、関節、腰痛、神経痛、筋肉痛、肩こり、悪寒、発熱を鎮める働きを持っています。

さて、効果が高い薬には副作用も多いと言われますが、ロキソニンの副作用としては胃腸症状や発疹、じんましんなどが報告されています。

粘膜にはあまりうれしい効果ではないため、ロキソニンを飲んだ副作用で口内炎になるという事も考えられるのです。

関連記事:「【口内炎の薬】ロキソニンの効果と副作用|効き目が出るまでの時間や早さはどれくらい?」

バファリン(市販薬・処方薬)

胃にやさしいバファリンとして有名ですが、バファリンも解熱鎮痛剤として用いられていますね。

小さなお子さんから大人までを対象としたお薬なのですが、種類が豊富というのもバファリンの特徴でもあります。

さらに特徴的なのは、バファリンには様々な症状に早く効果を発揮するように、成分の違う薬を販売しているという点です。

バファリンAは一般的にバファリンと呼んでいるもので、成分はアセチルサリチル酸、つまりアスピリンと同じ成分となっています。

アスピリンは消炎鎮痛剤で、非ステロイド性抗炎症薬となっており、関節痛や痛風、腎結石や尿路結石、片頭痛、手術後の痛みの軽減、外相、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛の鎮痛効果があります。

ただし、胃腸に副作用を起こすとの報告があり、やはり口内炎の痛み止めとして飲む事はおすすめできません。

バファリンプレミアムはイブプロフェンとアセトアミノフェンを配合した製品で、素早く鎮痛作用を発揮してくれるように、サッと解けるという特徴を持っています。

胃粘膜を保護する成分も配合されているため、鎮痛剤の中でも胃腸障害を抑制すると言われています。

効果はバファリンAと同じですが、副作用が少ないとは言っても口内炎にはあまり良い治療薬とは言えないかもしれません。

バファリンEX

こちらの薬の主成分はロキソプロフェンナトリウム水和物、つまりロキソニンと同じ成分が配合されている解熱鎮痛剤です。

市販薬なのでいつでも手に入れる事ができるのですが、こちらの製品もロキソニンや他の解熱鎮痛剤のように、胃腸障害が副作用で出る可能性があります。

少なからず口内炎には良いとは言えないので、やはり解熱鎮痛剤で口内炎の痛みの緩和や症状の改善をするのは難しいでしょう。

ボルタレン(飲み薬は処方薬)

強力な痛み止めとしてのイメージが定着しているボルタレンですが、主成分はジクロフェナクという成分で、フェニル酢酸系非ステロイド性抗炎症薬として利用されています。

鎮痛効果が6時間~8時間という長時間なので、病院では関節痛や通風の痛み、腎結石の痛みや尿路結石の痛み止めとして処方する事が多いですね。

それプラス他の解熱鎮痛剤と同じような炎症や外傷による痛みなどの症状を和らげる働きがあります。

ただし、長期間使い続ける事はよくありません! 副作用として報告されているのは、消化性潰瘍などを引き起こすというものでした。

つまり飲み続ける事で口内炎の原因になる事もあるというわけですね。

口内炎の痛みの改善には専用のお薬が最適!

いかがでしたか? 解熱鎮痛剤は口内炎以外の怪我や病気の痛みや熱には優れた効果を発揮してくれますが、口内炎の痛み止めとしてはあまりおすすめできません。

どうしたらいいの? と思うかもしれませんが、市販されている薬でも病院で処方してくれる薬でも、口内炎のための治療薬や痛み止めを処方してもらう方がいいのです。

市販品の中にも口内炎専用のお薬がたくさんありますので、専用のお薬の検討をされてみてはいかがでしょうか。

関連記事:「口内炎によく効くおすすめ市販薬ランキングBEST3」

関連記事:「口内炎に効く薬の選び方|塗り薬/軟膏/飲み薬/貼り薬/うがい薬はどう選ぶ?」

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)