【口内炎の薬】ロキソニンの効果と副作用|効き目が出るまでの時間や早さはどれくらい?

【口内炎の薬】ロキソニンの効果と副作用|効き目が出るまでの時間や早さはどれくらい?

口内炎の嫌な痛みを早く治したい! 痛いからものが食べられないししゃべる事もままならないのですから、痛み止めを飲んで何とかしたいと思うのは当然の事です。

最近は強力な痛み止めがたくさん販売されていますが、その中でも痛み止めで有名な「ロキソニン」という薬、この薬は口内炎を何とかしてくれる救世主になるのでしょうか?

今回は、口内炎の薬として処方される事もある「ロキソニン」の効果と、副作用についてをわかりやすくまとめてみる事にしました。

<スポンサードリンク>

ロキソニンとはそもそもどんな薬?

薬名はロキソプロフェンで、市販されているロキソニンはそのまま「ロキソニン」という名前で販売していますが、処方されている薬の方は「ロキソプロフェン」という薬名となっています。

ほとんど同じ成分なのですが、この二つの薬の成分は若干違うので全く同じ薬だとは言えないかもしれません。

さて、ロキソニンですが、この薬は解熱作用や消炎作用がある薬で、痛みや熱を下げてくれる効き目の高い、非ステロイ系の解熱鎮痛消炎剤なのです。

腫れや痛みを鎮めてくれる働きがあるので、痛みを伴う病気やケガなどの痛み止めとして処方される事が非常に多いお薬でもあります。

もちろん歯の痛みを和らげたり、抜歯の後の痛みを軽減するのに処方されたりもしているので、口内炎がひどい時に処方される方も多いのではないでしょうか。

ロキソニンの効果と効き目の早さについて

解熱鎮痛剤として頻繁に処方される薬でもあるロキソニンですが、実は市販されているものと処方されるものとでは、効果に若干の違いがあるので簡単に比較してみましょう。

まず市販されているロキソニンですが、いわゆる頭痛薬として販売されているせいか、その効果も頭痛や生理痛、歯痛や抜歯後の痛み止め、腰や関節の痛みなどにも効果があります。

他にもねんざの痛みとか熱が高い時の解熱効果もあります。中には肩こりや筋肉痛を和らげるためにロキソニンを飲む人もいるようです。

一方で処方されるロキソニンの場合は若干効果が変わり、関節に関する病気(リウマチ、関節炎、ヘルニア、抜歯後の痛みや手術後の痛みの軽減のためなどに処方されます。

この差は市販されているものと処方されているものは全く同じではないためで、どちらもそれぞれ口内炎の痛みを鎮めてくれる事は事実です。

ロキソニンは飲んでからどのくらいで効き目を実感できる?

痛みを早く鎮めたいと思って飲むのですから、できるだけ早い方がいいに決まっています。

実は市販のロキソニンと処方されるロキソニンは、若干効果に違いはあるのですが、効き目を感じ始めるのはどちらも同じくらいの時間なのです。

ただし効き目を実感できた時間というのは個人差がありますし、症状によっても変わってくるものなので、全ての人が同じ時間で効果を実感できたという事ではありません。

それでも効きはじめが15分くらいで感じたという方から、30分くらいしたら痛みが消えてきたという方、そして飲んで60分くらいで痛みが気にならなくなったという方もいるようです。

この事からロキソニンを飲んでから早い人で15分くらいから効き目を感じ、遅くても全ての方が60分以内に痛みを軽減できた、効果を実感できるという事になるわけです。

抜歯の時などに処方される時は、早めに飲んでおいてくださいと言われるだけあって、気になった段階で飲んでおけば、気づいたら痛みが軽減できたと実感できるのですね。

ただし、市販されているロキソニンにも処方されるロキソニンにも気になる副作用があるのでご紹介いたしましょう。

ロキソニンの気になる副作用は?

まずは市販されているロキソニンで報告されている副作用ですが、解熱効果が強く出る事があるため、必要以上に体温が下がってしまうという報告があるようです。

それ以外での副作用の報告では、薬が効いてくると力が入らないなどの副作用の報告があるので、飲んだら車の運転や機械などの操作は控えるなど気を付けるといいですね。

一方で処方されたロキソニンを飲む事による副作用はどうかというと、こちらの場合は消化器症状といって、胃がむかむかしたり嘔吐してしまうという報告があります。

他には食欲がなくなってしまったり下痢をしてしまうといった報告、さらにはじんましんや体のかゆみなどを訴えるケースもあるようです。

当然ですが眠気やまれに肝機能に多少の影響を及ぼす事も報告されているようです。口内炎で飲む時にもこれらの事を頭に入れて飲むといいでしょう。

関連記事:「口内炎の痛み止めに市販薬のロキソニン・バファリン・ボルタレンなどを服用しても大丈夫?」

まとめ

いかがでしたか? 口内炎でロキソニンを飲む事で痛みを軽減する事ができるという事がわかりましたね。

もちろん痛みを軽減できるからと言っても、口内炎そのものを改善するためのお薬ではありません! 口内炎の痛みをなくしたいのならば、口内炎の原因をしっかりと調べる事も必要なのです。

そして毎日のお手入れをしっかりとしつつ、原因を取り除いて治療をしていくしか方法はないのです。ロキソニンは最大級の痛みを軽減するためのお薬だという事を、しっかりと頭に入れておくといいですね。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)