口内血豆の原因とは?正しい処置の仕方や治し方は?

口内血豆の原因とは?正しい処置の仕方や治し方は?

口内血豆ってご存知でしょうか? 口内血豆とは口の中に血豆ができる事を言いますが、日本ではあまり口の中の血豆の事は話題にならない事が多いようです。

なぜならば、口の中にできた血豆の治療を病院でするという事も少ないからで、それぞれ自分なりの対処をしている事が多いからかもしれません。

ただし海外ではABHといって、意外と知られている事だったりするのです。

今回は、口内血豆の原因が何かについてをまとめるとともに、正しい処置の方法についてもまとめてみる事にしました。

<スポンサードリンク>

口内血豆ってどうしてできる? 原因は何?

実際に口内血豆で悩んでいるという方の多くは、食べ物を食べている時に血豆ができるというのですが、できた事がない人にとっては「そんなバカな」という印象を持たれるかもしれません。

口内血豆ができる原因の最大のものは「口の中への刺激」です! 食べ物を食べているときに、チクッとする固いものが当たる事で血豆になるというのです。

それは固いものだけではなくて、熱いものを食べた時にも同じように血豆になる事もあるようで、とにかく刺激になるようなものが原因で血豆ができるのですね。

固いものなら何だって可能性があるようで、日本のお菓子の代表ともいえる「おせんべい」なども、口の中に刺激を与えるために血豆になってしまう事があるのです。

でもこれらの食べ物を食べないというわけにもいきませんよね。だからこそ口内血豆ができた時の対処法をマスターしておく必要があるというわけなのです。

口内血豆はどうやって治療する?

正しい処置の方法があるわけではありません。なぜならば、日本の病院では口内血豆ができたからといって、どうにかして治療をするというものがないからです。

ただし病院を選ぶとすれば、やはり歯科医師にお願いして診察を受けるといいかもしれません。歯科医師ならば口の中を清潔に保つアドバイスをいただけるかもしれませんしね!

それにしても出る人は頻繁に出ると言いますので、毎回いちいち歯科医師に相談をしに行くわけにも参りませんので、自分で対処する事ができれば文句はありません。

そこで実際に口内血豆ができてしまった時の対処の方法についてを、簡単ではありますがお話ししていきましょう。

口内血豆ができた時の処置の仕方

一般的に口内血豆ができる箇所ですが、上あごの部分にできるのが一番多いので、処置をするのは慣れが必要かもしれません。

といのも上あごの皮というのは比較的分厚い場所なので、自分で対処しようとしてもなかなか中の血液を出す事ができないというわけです。

上あごの皮を破る事ができた場合ですが、中にある血液を出し切ってしまってからうがいをして、患部を清潔に保つようにしなくてはなりません。

うがいによる消毒ですが、一回だけではなく1日に数回行う必要があります。数回のうがいによる消毒によって、傷口が早くふさがるよう促すことができます。

早ければ数日で痛みなどの症状が改善される事になるのですが、もしもひどく傷つけてしまうのではないかと不安になる場合には、歯科医師などに相談をしてみるといいでしょう。

口内血豆は癖になる事がある!

一度だけで二度とできないのならいいのですが、口内血豆は繰り返しできてしまう事が多いので、口内血豆ができるたびに処置をしなくてはならなくなるでしょう。

放置していても自然に改善していくものかもしれませんが、口内血豆の場合は潰してしまった方が治りが早いようですので、処置に慣れるよう努力してみてもいいかもしれません。

また、あまりにも頻繁に口内血豆ができるようであれば、歯科医師などに相談をしてその原因を探してみてもいいかもしれません。

一般的な口内炎とは違って、内臓に何か問題があるというケースは少ないかもしれませんが、何か予防の方法などを教えていただける可能性はあります。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は口内血豆の原因や正しい処置の仕方などについてをまとめてみました。

最後に予防についてですが、あまり刺激の強い食べ物や熱いものを冷まさずに食べたりしても、口内血豆の原因になる事があるようです。

なのでできるだけ刺激が強いものや、熱いものをそのまま食べるのはやめた方がいいかもしれませんね。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)