口内炎が大量発生!たくさん多発する病気の正体とは?

口内炎が大量発生!たくさん多発する病気の正体とは?

一般的に口内炎が出る原因は「疲れ」だったり「ストレス」だったりしますよね。疲れやストレスが原因となって、本来あるはずの免疫力が下がってしまうために、口内炎が出てしまう事ってとても多いのです。

免疫力が下がったために口内炎が出てしまうのは別に問題はないのかもしれませんが、休んでいるのになかなか口内炎が治ってくれなかったり、たくさんの口内炎が頻繁にできるようでは問題です。

もしかしたらそれは、単なる「疲れ」や「ストレス」が原因で免疫が下がったための口内炎ではないかもしれません。

今回は、口内炎がたくさん多発する病気について、簡単ではありますがまとめてみる事にしました。

<スポンサードリンク>

口内炎が頻繁に出たら免疫力をアップ!

まずは初めから病気かもしれないと思うのではなくて、自分の普段の生活習慣を見直す事を考えてみてはいかがでしょうか。

例えば普段から深夜まで遊んでいたり、勉強していたり仕事をしているのであれば、睡眠不足が原因である事も十分に考えられますよね。

それを改善するために早寝早起きをしてみるとか、栄養バランスの整った食生活を送ってみるなど、免疫力が下がる原因をまずは改善してみましょう。

実際に実行してみてほかの部分は改善がみられたのに、口内炎が繰り返し大量に出るという事になると、問題は別のところにあると考えて病院に行くべきです。

ではどんな病気の可能性があるのかを見てみましょう。ただし必ずこれらの病気であるという事ではありません!

口内炎が多発する病気は大きく分けて3つ!

まず代表的な病気といえば「ベーチェット病」でしょう。実際にベーチェット病を発症している人の口の中はどうなっているのかというと、やはりたくさんの口内炎ができています。

しかも普通の口内炎の大きさと数ではありません。その大きさは最大で数センチというクラスの大きさのものが、口の中のあちらこちらにボコボコと出ているのです。

さらにその口内炎は一度できるとなかなか治らず、大きくなっていく事だってあるのです! 大きな口内炎同士がくっついてしまって、さらに巨大化することだってあります。

すると大きな穴が開いてしまう事もあるので、食事をしたくても口の中に水すら入れられないといった症状が出てしまうのです。

ベーチェット病は難病指定されている病気なので症例は少なく、検査をしてもすぐにベーチェット病だと診断される事は難しいです。

そのため、ホームドクターを作っておいて相談をするといいでしょう。

口内炎ができる病気「舌癌」

やはりこちらの病気も口内炎が多発するケースがあるようです。実際に舌癌になった方の舌の状態を見た事がある方はご存知かもしれませんが、やはり一般的な口内炎とは違います。

舌癌の場合はベーチェット病とはまた違って、一度に口のあちこちに出るという事は少ないのですが、これも個人差があるものなので一概には語れません。

ただ、多くの舌癌の経験をした方は「同じ場所に繰り返し口内炎ができた」という言い方をします。実は口内炎によって舌の細胞が破壊され、その部分が再生する時にがん細胞になってしまう事が始まりの事が多いようです。

それが増殖してしまって結果として舌癌という形になってしまっているのですね。しかも痛みを感じないというケースも報告されています。

同じ個所に何度も口内炎ができたり、複数の口内炎が繰り返しできるようであれば、できるだけ早く専門医に診てもらうといいでしょう。

口内炎ができる病気「HIV」

どの病気も怖いですが、HIVほど恐怖を感じる病気はないのではないでしょうか。なぜかというと治療法がないのでは? というイメージが非常に強いからでしょう。

HIVの初期症状では多数の口内炎ができる事で知られていますが、これはHIVに感染する事によって免疫力が低下してしまい、口腔カンジダ症の症状が出てしまうからです。

また、風邪の初期症状がでたり節々の痛みを感じたりする事もあるようですので、口内炎が多数繰り返しできてしまったり、風邪に似た症状が続くなどの場合には、早めに病院に行く事をおすすめします。

ちなみにHIVですが、最近では感染したとしても発症しないようにするための薬があるので、感染したらもうダメだなんて思わずに、早い段階で治療を始めるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は口内炎が多発する病気についてを簡単ですがまとめてみました。

確かに口内炎が多発する病気は怖いものばかりで、すぐに治療ができるようなものではありませんでしたが、どんな病気であっても早めに病気を発見して、治療を始めれば怖い事はありません。

なので特に心当たりのある人は、できるだけ早い段階で治療を始められるように、病院に行く事を強くお勧めいたします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)