口内炎がよくできる人はこの栄養素が含まれている食べ物を摂るべき!

口内炎がよくできる人はこの栄養素が含まれている食べ物を摂るべき!

口内炎が頻繁にできる人とあまり口内炎ができない人はどこが違うのか考えた事があるでしょうか? よく口内炎ができるという人の多くは栄養が偏っているからだと言われていますよね。

今回はどんな栄養素が足らないから口内炎ができるのかや、どんな栄養素を摂れば口内炎ができにくい体質になるのかについてを簡単にまとめてみる事にしました。

<スポンサードリンク>

口内炎がよくできる人に共通している事

kounaien-eiyouso-tabemono02

栄養素に関して言える事では「栄養バランス」の悪い食生活をしているというのが最大の共通点で、中でも普段から野菜不足の方の多くが口内炎がよくできるようです。

例えば野菜はほとんど食べない人の場合だと、ビタミンが不足気味になってしまうため、どうしても足らない栄養素が多くなってしまいます。

また、忙しくて料理を作る時間が惜しいという方の場合、食べるものが偏ってしまう事が多いため、やはりビタミンやミネラルが不足していく事が多くなるのです。

もちろん口内炎になるのは栄養素が足らないだけではありませんが、不足する事で口内炎ができやすい体質になってしまうのは事実です。

そこで、具体的に口内炎がでにくくなるために摂るべき栄養素が含まれている食べ物をご紹介していきましょう。

ビタミンB群が多く含まれている食べ物

kounaien-eiyouso-tabemono03

口内炎ができやすいならビタミンB群をたくさん食べるべきだという話を耳にする機会が多いと思いますが、ビタミンB群が少なくなると皮膚の再生能力が低下するのが理由です。

なのでできるだけビタミンB群の入った食べ物をバランスよく食べるようにするといいのです。

もちろん食べ過ぎるのもよくありませんので、バランスよく食べるように努力してみるといいですし、どうしても摂りにくいのならサプリメントを上手に活用しましょう。

ビタミンB群が多く含まれている食べ物の代表的なものは、豚肉、そして玄米、ビタミンB2なら卵や牛乳といった普段食べなれているものに多く含まれています。

他にうなぎやレバー納豆といった食べ物にもたくさん含まれています。

さらにビタミンB6はマグロやサンマなどの魚、そして牛レバーやバナナなどにも含まれています。マグロやサンマを毎日食べるのは難しいかもしれませんが、牛乳に卵にバナナを使った飲み物なら毎日飲めそうです。

工夫してできるだけバランスよく食べるといいでしょう。

なぜビタミンB群が少なくなると口内炎ができやすいのか?

kounaien-eiyouso-tabemono04

ビタミンB群が不足するとどうして口内炎ができやすくなるのかというと、ビタミンB群は皮膚や粘膜の代謝を助ける働きがある栄養素だからです。

他にも重要な臓器の働きを助けてくれる役割も持っています。例えばビタミンB1が足らなくなると疲れが蓄積しやすくなってしまいます。疲れが蓄積すると代謝の働きも悪くなります。

すると皮膚や粘膜などの炎症が起こった時に、回復しにくくなったりするわけです。だからビタミンB群が不足しないようにバランスの良い食生活を送るようにすべきなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は口内炎がよくできる人が不足しがちな栄養素についてお話ししました。それと同時にどういう食べ物を食べればビタミンB群をたくさん摂取する事ができるのかについてもお話ししました。

毎日バランスよく食事をするのはとても大変な事のように感じますが、癖をつけるようにすると意外と続けることができるようになるはずです。

毎食バランスを考えるのは難しいという方は、手軽に食べられるバナナや牛乳といったものを上手に利用するのもいいですね。

そしてストレスをためない努力をする事も必要でしょう。どうしても食べ物で摂取するのが難しいのであれば、サプリメントなどを使う事を検討してみるといいかもしれません。

もちろんそれでも口内炎ができるのがおさまらないという時には、できるだけ早く病院に行く事も必要でしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)