口内炎の予防法3選!自宅で簡単にできるセルフケアとは?

口内炎の予防法3選!自宅で簡単にできるセルフケアとは?

口内炎ができると痛くて気になって早く治って欲しいと願うものですが、口内炎は一度できると1週間~2週間はそこに居座ってしまうものなのです。

もちろん個人差はあるので全ての方が1週間~2週間で治るというものではなく、中には治るどころかどんどんひどくなってしまう事もあるので気を付けたいものなのです。

そこで今回は、口内炎ができる前に予防する事に注目してみました! 自宅で簡単にできるセルフケアをいくつかご紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>

毎日のお手入れで気を付ける事!

kounaien-yobou05

まず口内環境を整えてあげる必要がありますので、毎日の歯磨きはもちろんですがマウスウォッシュなどで口の中を清潔に保つ必要があるでしょう。

舌や口の中はケガには強い場所ではありますが、傷口から雑菌が侵入すると口内炎の原因となりますので、歯ブラシは口の中を傷つけないタイプのものを選ぶといいですね。

マウスウォッシュを使う時にはあまり刺激が強くないタイプのものを使う方がいいでしょう。低刺激なマウスウォッシュも多く出ているので、刺激の少ないタイプを選ぶようにするといいですね。

同じような理由で殺菌作用のある歯磨き粉を利用するのも悪くありません。毎日のお手入れで口内炎にかかりにくい環境に改善しましょう。

免疫が低下しないように心がける事!

kounaien-yobou03

目に見えないものですが、免疫力が下がると人間は色々な病気に感染しやすくなってしまいます。ケガをしても治りが悪くなったりしますよね。

それと同じ事が口内炎にも言えるのです! 免疫力が下がってしまうと口の中の粘膜が弱くなりますので、ちょっとした刺激があっても口内炎になりやすくなるのです。

そこでやるべきセルフケアとしては、よく眠り休息をたっぷりと取ってストレスを軽減する事が必要です。特にストレスをため込んでしまうと免疫が下がりやすいので注意しましょう。

さらに普段から規則正しい生活をする事を心がけるのも必要です。

ビタミン不足を解消する事!

kounaien-yobou04

口内炎の原因は色々とありますが、その中でも必要なビタミンが不足しているのが原因で口内炎ができやすい環境になっている事があるのです。

最近ではバランスのとれた食生活を送る事は簡単のように感じますが、好きなものを食べられる世の中になっているせいか、意外とバランスよく食べるのが難しいものなのです。

そこで毎日の食生活をもう一度見直して、できるだけバランスのとれた食生活を送るようにする事、そしてどうしても難しいのならサプリメントなどを活用してもいいでしょう。

虫歯や口の中の異常を素早く察知する事!

kounaien-yobou02

口内炎の一番の原因は口の中に傷を作る事です。その傷口から雑菌が入ってしまい、それが口内炎となっていくわけです。

例えば虫歯などで歯が欠けてしまっていたりすると、そこに舌をひっかけてしまい傷ができてしまうのですが、この傷が口内炎の原因となるケースもとても多いです。

なので毎日の歯磨きなどのお手入れをする時に、歯の異常をできるだけ早く察知する必要があるでしょう。もし異常が見つかった場合には歯科医を受診しましょう。

特に義歯や入れ歯などが合わなくなってくると、金具が舌が口の中を傷つけてしまうので、おかしいと思ったらすぐに病院に行く事をお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか? 今回は口内炎の予防をするために自宅でできる予防方法についてをお話ししました。

もちろん気を付けていても口内炎ができてしまう事はあるでしょう。その時には慌てずに市販されている口内炎用のお薬を使ってもいいですね。

もちろんそれが単なる口内炎かどうかについては自分で判断するのは難しいでしょう。もしも10日過ぎても症状が改善せずひどくなるようであれば、迷わずに病院を受診する事を忘れないでくださいね。

おすすめの治療薬としてはトラフルや口内炎パッチなどです。予防サプリメントではチョコラBBがおすすめです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)