子供や赤ちゃんの口内炎の原因と治し方

子供や赤ちゃんの口内炎の原因と治し方

子供の口内炎、赤ちゃんの口内炎の原因はウイルスである事が多いです。

もちろん子供の場合には大人と同じ原因で口内炎ができるケースもあります。例えば口の中を食べ物で傷つけてしまったり、噛んでしまったりしたためにケガをしてしまう事もあるでしょう。

そこから雑菌が入り込んで増殖して口内炎ができるわけですね。今回は赤ちゃんや子供の口内炎の原因と治し方についてをご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

ヘルパンギーナ

kounaien2016102713

エンテロウイルスに感染する事で発症する病気で、6月~8月の夏の時期に感染が広がる事から、夏風邪の一種として有名な感染症なのです。

このヘルパンギーナの症状に口内炎ができるというものがあるのです。できる場所は口の中だけではとどまらず、顎などにかけても水疱ができるのです。

突然39℃くらいの高熱が出るという特徴があります。

この病気が原因の口内炎の治し方はエンテロウイルスの治療のために病院に行く事です。ただし進歩した現在の医学でもエンテロウイルスを撃退する薬は存在していません。

処方していただいた薬で対処療法をしてあげる事と、適切なケアをしてあげる事と合併症を起こさないように注意してあげる必要があります。

手足口病

kounaien2016102714

コクサッキーウイルスやエンテロウイルスに感染する事で発症し、症状の一つに口内炎があるのです。こちらも夏場に流行する感染症です。

手、足、口に大量の水疱ができる事で知られていますが、発熱はそれほどないのが唯一の救いではないでしょうか。

手足口病もヘルパンギーナと同様に確実な治療法があるわけではないので、病院に行っても対処療法としての薬を処方してもらうしかありません。

ヘルペス性口内炎

kounaien2016102715

ヘルペスウイルスに感染する事が原因で発症し、症状の一つに口内炎があるのですが、小さな水疱がたくさんできてそれが破裂して潰瘍の状態になるのも特徴です。

他には高熱が突然出たりする事もあり、さらには激痛が伴うので赤ちゃんや子供は相当不機嫌になっていくでしょう。

赤ちゃんの場合にはあまりの激痛に火が付いたように泣き出したりします。

治療をするには解熱鎮痛剤や抗ヘルペスウイルス剤を処方していただけばいいのです。水分の補給をしっかりとしてあげて脱水症状を起こさないようにしましょう。

口の中のケガにも十分に注意!

kounaien2016102716

赤ちゃんはまだ歯が生えていませんが、2歳くらいからどんどん歯が生えてくるものです。この時歯に慣れていない小さな子供は、無防備に思いっきり噛んでしまう事があるのです。

これが原因で口の中に傷が入ってしまい、そこから雑菌が増えてしまって口内炎になってしまう事も十分にあるのです。

また、何でも口に入れてしまう時期に口の中に傷ができてしまった場合には、雑菌が口に入る機会が多くなってしまうので、口に入れそうなものはキレイにしておくといいですね。

この場合の治し方は大人とそれほど変わるものではありません。口の中を潤してあげるのが一番ですが、乳幼児はうがいができない事も多いですよね。

なのでこまめな水分補給をしてあげる事もいいですね。それと免疫が下がっているとどうしても口内炎になりやすくなりますので、バランスの良い食事を作ってあげるよう心掛けるといいでしょう。

まとめ

kounaien2016102717

赤ちゃんや子供の口内炎の原因と治し方は、大人と同じにする事はできません。特に赤ちゃんは痛くても言葉を発する事ができません。

そのため脱水症状にならないようにするとか、口の中の衛生状態を改善するように注意をしてあげましょう。

ウイルスが原因で口内炎が発症した場合には、対処療法しか治し方がなくても病院に行って痛みを和らげる薬を処方してもらったりしてもいいですね。

大人とは違って症状をうまく訴える事ができません。できるだけ早く辛い症状を改善するために、免疫が下がらないようにバランスの取れた食生活を送れるように気を付けてあげましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)