口内炎の種類と原疾患や病気を一覧にまとめました

口内炎の種類と原疾患や病気を一覧にまとめました

口内炎は誰にでもできるもので、一度も口内炎になった経験がないという方はほとんど皆無といっていいでしょう。

ほとんどの場合は1週間~2週間もすれば良くなるものなのですが、なかなか治らなかったり症状がひどくなってしまったり、繰り返し同じ場所に口内炎ができる場合には、何か別の原因を疑うべきです。

そこで今回は、口内炎の原因が病気の場合の原疾患についての簡単な説明をいたします。

<スポンサードリンク>

口内炎の種類:アフタ性口内炎

kounaien2016102703

潰瘍性の口内炎の事で、赤くふちどりされた中央部分が白くなっている事が多い口内炎です。

粘膜が炎症を起こしている状態で、最も多くの方が経験しているのがアフタ性口内炎なのです! 口の中をケガしたり口腔内の環境が悪かったりした事で発症します。

味の濃い食べ物や香辛料が多い料理を食べるのもよくありません。原因はストレスや睡眠不足や疲れの蓄積による免疫低下です。

通常なら1週間~2週間で治りますがそれ以上かかっても治らなかったり、ひどくなるようであれば病気が隠れている可能性もあります。

口内炎の種類:カタル性口内炎

kounaien2016102705

免疫の低下や風などの物理的な刺激や傷口に雑菌が繁殖する事が原因で発症するのがカタル性口内炎です。

赤いぶつぶつの発疹ができるのが特徴的な症状で、さらに口臭が強くなるケースもあり、刺激の強い食べ物を食べるのはよくありません。

歯槽膿漏や歯周病が原因になる事も! ビタミン欠乏や胃の不調が起こる事もあります。抗生物質での治療が必要になります。

口内炎の種類:ヘルペス性口内炎

kounaien2016102704

ヘルペスウイルスに感染する事で口内炎が発症する事もあります。小さな水疱のような発疹がたくさんできます。

口だけではなく指や腕などにも小さな水疱ができます。ヘルペスウイルスは一度感染すると完全に治療をする事はできません。

免疫が落ちたりすると突然再びヘルペスの口内炎が出てくるので、できれば感染を予防して感染したのなら免疫が下がらないようにする事が必要です。

口内炎の種類:カンジダ性口内炎

kounaien2016102706

カンジダというカビ菌に感染した事が原因で発症します。白い苔のようなものができますが、ほとんど痛みは感じないのが特徴です。

もちろん中には炎症や出血を起こしたりする事もあります。この場合は病院で治療を受ける必要があります。

そしてこのタイプの口内炎を発症した場合には、別の原疾患が原因の可能性があるので、病院を受診するといいでしょう。

口内炎の種類:ニコチン性口内炎

kounaien2016102707

喫煙が原因で発症する口内炎で、ヘビースモーカーの方がニコチンやタバコの熱い煙によって、口の中がやけどをしてしまった状態になります。

しかもタバコを大量に吸う人の口の中は、口蓋粘膜が硬くなるという状態になりやすいため、痛みを感じない事が多いようですのでタバコの寮を減らす努力をするといいでしょう。

ベーチェット病

kounaien2016102708

慢性再発性の全身性炎症疾患がベーチェット病です。患者のほとんどが発症した初期の段階で口内炎を繰り返し発症し、ひどい時はいくつもいくつも同時にできる事もあります。

原因がわかれば治療をする事も可能でしょうが、ベーチェット病をどうして発症してしまうのか、その原因は遺伝が関係していてストレスがその遺伝を誘発して発症するともいわれているのですが、現在のところは原因不明なのです。

遺伝があったとしてもすべての方が発症するという事でもありません。ただベーチェット病が原疾患の場合には、繰り返しアフタ性口内炎が発症する事と、口の中の状態に関係なく口内炎ができるので、疑わしい場合には病院を受診するといいでしょう。

手足口病

kounaien2016102709

赤ちゃん、子供が発症する感染症で、1年を通して発症するという事ではなく夏場に多く発症し、毎年流行する感染症でもあるのです。

この手足口病が原疾患の場合の口内炎は、手、足、口や口の中にたくさんの水疱が症状としてあらわれます。

手足口病の場合は高熱を伴うといった事はあまりないのですが、微熱が出る事は多いようです。

この感染症は発症しても保育園を休むといった事をしなくてもいいので、感染が拡大する事も多いのですが、うがいや手洗いなどを徹底すれば感染の拡大を防ぐ事ができます。

ヘルパンギーナ

kounaien2016102710

こちらも子供が感染するというウイルスです。0歳~5歳までにほぼ100%の子供が感染する感染症です。こちらのウイルスに感染すると突然の高熱を発症します。

咽頭炎のように喉の激しい痛みと口内炎ができますが、ヘルパンギーナの口内炎は水疱のような発疹がたくさんできますが、中には直径が5mmくらいの大きさの口内炎ができる事もあるようです。

痛みが激しいので食欲がなくなって痩せてしまう子供もいるようですが、症状は2日~3日くらいでおさまってくるので、自然と食欲が増して元に戻ります。

口腔がん

kounaien2016102711

舌癌や歯肉がんなどの口の中にがんができた場合、総称として口腔がんというのですが、舌癌や歯肉がんを発症すると繰り返し出てきたり、普通なら1週間~2週間で治るのに治らなかったりします。

実は口腔がんは日本では年間8000人ほどが発症しており、意外と患者数の多いがんでもあるのです。

口腔がんが原疾患の場合には口腔内の環境に関係なく口内炎が発症します。早期発見ができれば5年生存率は90%以上なので、できるだけ早めに病院で調べてもらうといいですね。

発症するのは若い方には少なく中高年で発症する例が多い病気です。歯科医で定期検診を受けておくと早期発見ができるので、定期検診は怠らないようにしましょう。

糖尿病

kounaien2016102712

意外と思われるかもしれませんが、糖尿病の初期症状の一つに口内炎があります。繰り返し口内炎が発症したりなかなか治らないなどの症状がでたら病院を受診しましょう。

糖尿病の場合にはある日を境に尿の量が増えたり、ダイエットなどをしていなくても体重が落ちていくなどの症状が出た場合には、糖尿病が原疾患の可能性が高いので、病院で尿糖を調べてもらうといいですね。

また、やたらと喉が渇くという症状が重なったりした場合にも糖尿病の可能性があるので、早めに病院に行きましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)