口内炎の痛みを和らげる4つの方法

口内炎の痛みを和らげる4つの方法

できると痛い口内炎! 気にしなければいいと言うには痛すぎる症状を、どうやって和らげたらいいのかがわかったら、きっといざという時に役立つと思いませんか?

そこで、今回は一般的に口内炎の痛みを和らげる効果があると言われている4つの方法をご紹介いたしましょう!

もちろんその方法がどうして口内炎の痛みを和らげるのか、その根拠についてもわかりやすくまとめてみました。

毎回口内炎が出るたびに激しい痛みに悩まされている方は必見です!

<スポンサードリンク>

疼痛緩和方法1:昔からの民間療法! はちみつを塗る方法

ko102508

本当? と思うかもしれませんが、皆さんはちみつというのはどのようにして作られているのかご存知でしょうか? 働き蜂が花の蜜を巣に持ち帰って自分たちで加工をしてあの甘いはちみつが出来上がるのです。

その効果は古代エジプトの時代からのお墨付き! 実際にはちみつは炎症を鎮める働きがあり、さらに潰瘍や吹き出物の症状を和らげて改善していく働きがあります。

アメリカの研究者によると傷口にはちみつを塗る事によって、リンパ液が分泌されて傷の治りが早くなったという事が証明されているくらいなのです。

この事から、口内炎の場所にはちみつを塗ったり、患部に着けたりすると効果的に口内炎の痛みを和らげるのです。

疼痛緩和方法2:やっぱりお薬! 市販薬を使って和らげる

ko102507

一方でやっぱり薬の方が確実に痛みを和らげるはず! と思う方もいるかもしれませんよね! もちろん口内炎のお薬は病院に行かなくても市販でも販売されています。

あまりにも痛みが激しくて夜も寝られないし食べ物も食べられない! となってしまったら、体の調子まで悪くなってしまいかねませんよね。

そこで口内炎専用のパッチや飲み薬などがおすすめなのです。特にあまりにも激しい痛みの場合には、その痛みを和らげるために解熱鎮痛剤などを使ってもいいでしょう。

直接口内炎にものが触れないようにするためにパッチなどを使う方もいるようですが、食事の時などにはがれてしまう危険がありますので、寝る前などに貼って寝ると痛みを和らげる事ができてよく眠れます。

また、口内炎をできるだけ早く治せるようにするためにもサプリメントなどを活用してみるのもおすすめです。

疼痛緩和方法3:うがいや歯磨きをして構内環境を整える

ko102506

口の中の状態が悪いと雑菌が繁殖してしまうため、口内炎がよりひどくなってしまう事もあるのです! そうなると余計に激しい痛みになる事は間違いありません。

でも、中には歯ブラシが当たって痛くてたまらない! という方も多いはずですよね。そこでおすすめなのが洗口液です。リステリンやモンダミンといった洗口液を使うのがいいでしょう。

刺激があまりにも強いのは痛みをさらに激しくしかねないので、できるだけ刺激の少ないタイプの洗口液を使うといいでしょう。

歯磨きをしても問題ないという場合には、歯ブラシを使って歯磨きをするといいですね。

疼痛緩和方法4:刺激の強い食べ物を食べないのが一番!

ko102504

口内炎ができている時はもちろん食べないかもしれませんが、普段から辛いものが大好きだったり酸っぱいものが大好きという方は、口内炎ができやすい傾向にあります。

実はその原因は香辛料などの刺激で舌や口の中が荒れてしまう事があるからで、結果的に粘膜に傷が入ってしまったために口内炎になってしまうわけです。

この事からできるだけ刺激の強いものを食べる癖を直し、普通の味付けでおいしく食べられるように努力をする必要もあるでしょう。

刺激が強いものや味が濃いものをやめただけでも口内炎の痛みを和らげる事はできるので、自分が当てはまると感じた方は薄味に慣れる努力をしてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? 口内炎の痛みを和らげる方法を4つご紹介いたしました。

誰もが一度は出た事がある口内炎はできるだけ早く改善させたいですよね! どうしても痛みを和らげたいと思うのならば、この4つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

最後に口の中は湿っていた方が雑菌の繁殖を抑える事ができるので、適度にうがいをして口の中を湿った状態に保つと、口内炎ができにくい体質になっていくので、ぜひこちらも合わせてお試しください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)