痛い!歯茎や舌に穴が開くアフタ性口内炎の症状と4大原因とは?

痛い!歯茎や舌に穴が開くアフタ性口内炎の症状と4大原因とは?

アフタ性口内炎は中央部分が浅くくぼんでいるクレーターのような形をしていて、周囲が赤く中央部分が白くなっているいわゆる潰瘍(かいよう)なので、痛みがかなりひどく感じる方も多いようです。

そしてアフタ性口内炎というのは、誰もが一生に一度は経験すると言われている最もポピュラーな口内炎なのです。

出る場所は歯茎や舌やほほの内側などに出る事が多く、できてしまったらなるべく早く治していきたいものですよね。

そこで今回は、歯茎や舌に穴が開くこともある「アフタ性口内炎」の症状や原因についてをお話ししていきましょう。

<スポンサードリンク>

原因は口の中をケガしてしまうという事!

ko102501

アフタ性口内炎の原因は傷によるものであるケースが多く、何かを食べていて噛んでしまったりして、そこから雑菌が入り込んで増殖してしまったために潰瘍ができてしまうというのが最も多く経験されている事でしょう。

これについては気づかない内に歯が欠けてしまったり、虫歯になってしまったために舌に傷ができてしまう、または義歯を入れていてその義歯が合わなくなってしまったために、傷が入ってしまい雑菌が増殖して口内炎になってしまったなども多いはずです。

つまりアフタ性口内炎の主な原因は、口の中を何らかの形でケガしてしまい、そこから菌が繁殖したために潰瘍状の口内炎ができるわけです。

確かにこれらの事が原因でアフタ性口内炎になる人はいるかもしれませんが、他にも原因となるものが実はあるので簡単に説明していきましょう。

①ストレスが原因でアフタ性口内炎が!

ko102512

口内炎ができる原因の中には「これも?」と思ってしまうものもあります。ストレスによる口内炎の発症というのもその内の一つなのです。

私たち人間の体というのはとても複雑なもので、強いストレスや睡眠不足などが続くと免疫が下がってしまうという特徴があって、免疫が下がってしまうと口の中のちょっとした変化で菌が増殖する事があります。

これが原因でアフタ性口内炎ができる事もあるのです! 睡眠不足の時も同じで免疫が下がってしまい、結果的にアフタ性口内炎が発症しやすくなってしまうというわけなのです。

症状としては、特別ケガをしたわけでもないのに、ぼこぼこといくつもできる事が多いので、早く改善したいのならば免疫を上げる必要があるでしょう。

②口腔内の環境悪化が原因でアフタ性口内炎が!

ko102511

食事をしたら必ず歯を磨くのは当然の事なのですが、仕事が忙しかったりするとついつい後回しになってしまう事もあるかもしれません。

口の中は1度歯磨きやうがいを怠っただけでもかなりの雑菌が繁殖してしまいますので、それを放置しているとケガをしたわけでもないのにアフタ性口内炎がぼこぼこと出てくる事もあるのです。

ご存知のようにアフタ性口内炎というのは潰瘍状になっているものなので、中央部分の白くなっているところは膿んでいる状態! 痛みもかなり激しくなっていきます。

何も治療をせずに放置していると穴が開く事だってあるのです! そうならないようにするためにも、毎日食事をしたら歯を磨いたり洗口液などを使ってうがいをしたりしましょう。

<スポンサードリンク>

③ビタミン不足が原因でアフタ性口内炎が!

ko102510

ご存知の方も多いようですが、ビタミンB1やビタミンB2そしてビタミンB6などのビタミンが不足していると、どうしても口内炎ができやすくなってしまいます。

なぜかというと、ビタミンB群というのは肌の粘膜を守って正常に働くようにする栄養素だからですが、これらのビタミンが不足するような食生活を送っていると、口内炎ができては消え消えてはできるといったように繰り返す事もあるのです。

傷が原因でできたものではありませんので、一つだけではなくいくつも重なるようにしてできる事もあり、これが大きな一つの口内炎になると、穴が開いたような症状になる事もあるのです。

そうなると激痛でうがいをする事もできなくなったりします。

④病気が原因でアフタ性口内炎が!

ko102509

代表的な病気といえばベーチェット病ですが、他にも舌癌や膠原病などを発症してもアフタ性口内炎ができやすくなるようです。

できるだけ速めに治療をしたいものですが、ベーチェット病などの場合だとなかなか自分が病気であるという事に気づけない事も多いようです。

口内炎がたくさん(数多く)できるようになったとか、舌や唇などに口内炎がやたらと繰り返しできるようになったといった変化を見つけたら、すぐに病院に行って検査を受けるようにしてみましょう。

特に舌癌の場合には早期発見で5年後の生存率を高める事ができます。

口内炎の症状を治すにはどうしたら良い?

以下の記事では口内炎の治し方について解説していますので気になる内容はチェックしてみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか? アフタ性口内炎はさまざまな事が原因で発症し、人によっては激しい痛みや歯茎や舌に穴が開く事もある口の中のケガです。

治療をする事も重要ですが、まずは予防をする事を考えてみてもいいですね。口腔内の環境を改善しておけば、かなりの確率で防ぐ事が可能となるものです。

また、病気が原因でできた場合には早めに病院に行って検査を受けるなども必要です。自分の命を守るためですので、予防や早期発見につながるよう注意しましょう。

<スポンサードリンク>

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)