【口内炎の原因と治し方】治らない口内炎に即効効く食べ物やビタミンは?

【口内炎の原因と治し方】治らない口内炎に即効効く食べ物やビタミンは?

口内炎の原因は人によって違います。例えばウイルス性のものであったり、細菌性のものであったりする事もあります。

もちろんそのたくさんある口内炎の原因の中には、潜んでいる病気が原因である事もあるのです。今回はそんな嫌な口内炎に即効で効く食べ物やビタミンをご紹介いたします。

<スポンサードリンク>

なかなか治らない口内炎を早く治す食べ物はある?

cb09b174de911f3ce696796a0ca90c47_s

皆さんご存知かもしれませんが、口内炎というのは一度できるとなかなか治らなくて、いつまでも口の中が痛くてイライラしてしまうものです。

一度口内炎ができると個人差はありますが、およそ一週間~二週間くらいの間はなかなか治ってはくれないものなのです。

>>>口内炎の種類と原因についてはこちら

つまり最長でも二週間すれば治るものなのですが、どうしても気になって食欲も失せてしまう、といった問題を解決するためには、口腔内環境を整えてあげるといいのです。

まずは口内炎に効果があると言われている食べ物ですが、ビタミン不足が原因である事もあるので、ビタミンが豊富な食べ物を摂取するといいようです。

つまり、口内炎を食べ物やビタミンで治すというのは、ビタミン不足や偏食が原因の場合により効果がありますが、他の原因の場合は口腔内環境を整える事も忘れずに行う必要があるという事になります。

ビタミンB2が不足しているのならこの食べ物!

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

ビタミンB2はたんぱく質や脂肪、糖などを分解する働きがあるビタミンですが、ビタミンB2が不足していると口内炎ができやすくなるとも言われています。

なぜビタミンB2が不足すると口内炎になりやすいと言われているのかというと、ビタミンB2というのは皮膚炎や粘膜を作る働きがあるビタミンです。

なのでビタミンB2が含まれる食事をとるようにすると、口内炎の治りも通常よりも早くなるというわけなのです。

ビタミンB2が多く含まれる食べものは「レバー」「納豆」「アーモンド」「きのこ類」などです。口の粘膜を正常化してくれるので、即効性が高い食べ物であると言えるかもしれません。

ビタミンB6が不足しているのならこの食べ物!

026b84a568a76006d9abbb50ee0e892a_s

このビタミンが不足すると、皮膚粘膜が弱くなってしまうため口内炎になりやすい環境になってしまうのです。

なのでビタミンB6が含まれる食べ物を食べると、皮膚粘膜が正常な環境になるため口内炎になりにくくなったり、口内炎を早く治したい方にはおすすめなのです。

ビタミンB6が多く含まれている食べ物は「レバー」「まぐろ」「ピスタチオ」「焼きのり」がおすすめです。

食べる事によって皮膚の粘膜を保護する働きもあるので、口内炎が治りやすい環境にうる事ができるわけです。

ビタミンCが不足しているのならこの食べ物!

163aa4517e3b1b13160fb85d9ab0248d_s

ビタミンCは私たち人間の体内で生成する事ができません。ところが私たちが生きていくのにビタミンCは欠かす事ができないのです。

だからビタミンCは不足しやすいビタミンの代表みたいな存在なのですね。口内炎ができる原因としても有名ですが、不足したビタミンCを補う事で口内炎を治す事でも知られているのです。

ちなみにビタミンCはコラーゲンの生成に欠かす事ができないビタミンなので、特に女性はビタミンC不足には注意した方がいいのです。

そしてビタミンCも皮膚を生成するのに必要なビタミンなので、できれば食べ物から摂取できるようにしましょう。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は「キウイ」「カリフラワー」「ピーマン」「焼きのり」がおすすめです。

意外と焼きのりはビタミンCが豊富ですし、ビタミンB6もビタミンB2も含まれているので、朝は必ず食べると良いですね。

鉄が不足しているのならこの食べ物!

lever

鉄なんて口内炎に関係が無いと思われているかもしれませんが、実は口内炎と深い関係にあったりするのです。

血液の中の赤血球を作るのに必要なのが鉄ですが、赤血球の中のヘモグロビンが減ると、疲労回復ができなくなったり貧血や神経過敏になったりするのです。

それを回復してあげれば、口内炎の原因となっている疲れ、ストレスでの神経過敏が収まっていき、口内炎も早く回復する事ができるようになるでしょう。

鉄が多く含まれている食べ物は「レバー」「卵黄」「ひじき」がおすすめです。

亜鉛が不足しているのならこの食べ物!

4ae0d9aafa2c0b18c8c8705ed973c0ad_s

口内炎に亜鉛!? と思う方もいるかもしれませんが、亜鉛が不足すると免疫力が低下してしまうってご存知でしょうか?

そして口内炎の原因には免疫力低下によるものもあるのです。つまり亜鉛不足を解消する事ができれば、口内炎の治りも早くなる可能性が高い事になるのです。

また、亜鉛不足は味覚障害をも引き起こしますので、できるだけ亜鉛不足を解消できる食べ物を増やすといいでしょう。

亜鉛が多く含まれている食べ物は「牡蠣」「レバー」「松の実」「煮干し」などがあげられます。

こうしてみてみると、レバーは本当にマルチなビタミンの塊と言っていいですね。臭みを取って献立に入れるといいでしょう。

>>>口内炎の痛みがひどい時のレシピメニューはこちら

あとがき

いかがでしたか? なかなか治らない口内炎に効果がある食べ物、そしてビタミンについてを簡単に説明いたしました。

口内炎で悩まれている方の中には「そう言えばこれあまり食べていない」という食べ物もあったのではないでしょうか。

この機会に献立の中に不足している栄養を含んでいる食べ物を取り入れてみてもいいかもしれませんね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)