ほっぺたの内側をよく噛む原因は顔のゆがみ?歯並びの影響と口内炎の関係性について

ほっぺたの内側をよく噛む原因は顔のゆがみ?歯並びの影響と口内炎の関係性について

普段から美容と健康には気を付けているという女性であっても口内炎が出る事はあります。原因はこれかも? というのがあればそれに気を付ければいいかもしれませんね。

その中でも意外と多いのがほっぺたの内側をよく噛む事によって口内炎ができるというもの! でもどうしてほっぺたの内側をよく噛むのでしょうか? 不思議ですよね。

そこで今回は、口内炎の原因の一つだと言われている、ほっぺたの内側をよく噛む原因は顔のゆがみなのか? 歯並びの影響なのかについてをまとめてみました。

<スポンサードリンク>

顔のゆがみがほっぺたの内側をよく噛む原因?

2016102003

ほっぺたの内側に口内炎が出る方というのは、ほっぺたの内側をよく噛んでしまうからだと言われていますよね。でも本当にほっぺたの内側を噛む原因が顔のゆがみなのでしょうか?

もしもそうだとしても鏡を見ただけでは自分の顔がゆがんでいるのかどうかなんてわかりませんよね。

確かに三面鏡などで自分の顔を見てみると、左右の顔が全く同じではない事に気づけるはずですが、実はそれだけが原因でほっぺたの内側を噛んでしまうという事ではないのです。

生まれつきゆがみがあるという方は多いのですが、もしも生まれつきの場合には慣れているのでほっぺたの内側を噛む原因にはならないでしょう。

実は何等かの事が原因となって顔にゆがみが生じる事によって、ほっぺたの内側をよく噛む原因となってしまうのです。

ですがこれだけでは人の顔にはゆがみがあるものだという事しかわかりませんよね。そこで本題となるわけです。

衝撃的な顔のゆがみの原因とは!?

2016102022

顔のゆがみがいきなり生じるわけではありませんが、毎日の生活習慣によって自分の顔に変化が起こる事は容易に想像することができるはずです。

その代表的なのが老化現象です! それまでは頬にも張りがあってほっぺたの内側にも変化が起こらなかったのに、少しずつ歳を重ねるごとに頬にたるみが出てきます。

これは誰もが経験する事なので止める事は大変難しいのですが、それだけが原因でほっぺたのたるみが起こっているのではありません。

例えば昔日本人は根菜を中心とした食生活をしていましたが、最近の日本人を見ると欧米化した食生活に慣れてしまっていますよね。

日常的に野菜不足の人がとっても多いので、それが噛む回数を減らしてしまうために頬の筋肉が衰えてしまうというわけなのです。

もちろん外側はキレイにしているのでほとんど顔のたるみなんて気になりませんが、頬の内側は正直なのでたるみが出てきてしまうわけです。

解決策はよく噛んで食事をする事!

2016102004

噛まない事によって頬の内側にたるみができるのは何もお年寄りばかりではありません。実は若い人たちの中でも頬の内側がたるんだためによく噛んでしまい、口内炎で悩む人が多くなっているのです。

解決策として言われているのがよく噛んで食べる事! これは若い人はより顕著に効果があらわれると言います。もちろん中高年でもよく噛んで食べると内側が鍛えられるのです。

つまりたるみによる顔のゆがみでほっぺたの内側をよく噛んでしまう人は、老若男女を問わずよく噛んで頬の筋肉を鍛えてあげるといいですね。

噛む回数を増やすためにしょっちゅう食べ物を食べるのではなく、ガムを噛んでみるとか食事の時に根菜を多くしてみるとか、一口で20回以上は噛んで食べるなどをすればいいのです。

そしてもう一つの原因が歯並びです! 実はこれもかなり深刻な問題になりつつあるのです。

口内炎の原因と歯並びの影響について

0d61a409bc730621dbbada4272ed1983_s

歯並びが変わると口の内側を噛みやすくなりますよね。例えば虫歯の治療で歯を削ってしまったり、歯を抜いてしまったり事故によってはを失ったと欠けた場合も変わります。

他には義歯が合わなくなったりすると、口の中を傷つける機会が増えていく事になりますし、歯の治療などによって歯並びが変わってしまう事はよくある事です。

慣れてくればそれほど気にならなくても、治療をしたすぐあとなどは口の中が歯並びに慣れていません。

すると食事をした時に無意識に噛んでしまう回数が多くなってしまうのです。気を付けなくてはと思っていても、再び無意識に噛んでしまったりしますよね。

口の中が傷ついて雑菌が繁殖したりする事によって、口内炎ができやすくなってしまうのです。

つまり口内炎の原因に歯並びの影響があるという事になるわけですね。

これを改善するためには歯科医に相談をするしかありません。歯並びを正しく矯正してもらうとか、知らない内に欠けていたり虫歯になっている歯があるかもしれないので、治療を受けるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ほっぺたの内側をよく噛む原因の中には顔のゆがみや歯並びが影響しているという事がわかりました。

治療法や改善方法そして予防方法などについてもよくわかっていただけたのではないでしょうか。もちろん無理のない改善方法を実践し、痛みがない毎日を送れるようにしましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)