ビタミンB2不足の口内炎の予防対処法!ビタミンB2の効果と補う食べ物とは?

ビタミンB2不足の口内炎の予防対処法!ビタミンB2の効果と補う食べ物とは?

口内炎はビタミンが不足しても欠乏症になっても発症します。特にビタミンB2が欠乏してしまうと、口内炎ができやすくなってしまうものなのです。

ちょっと不足しただけで口内炎ができるものなのか? と疑問に感じる方もいらっしゃるので、簡単にビタミンB2が私たちの体にどのような効果をもたらしているのかを説明いたしましょう。

<スポンサードリンク>

ビタミンB2の働きと効果をまなぼう!

6ee8fe7381af7d4f75cd18446592dcb2_s

ビタミンB2は、水溶性ビタミンB群の一種です。ビタミンB2は食べ物を食べた時にエネルギー代謝を助ける働きがあり、皮膚や粘膜の機能維持のお手伝いもしてくれます。

簡単に言い換えると、私たちは細胞でできていますが、細胞は永遠に生き続けるものではなく、何らかの原因で細胞が傷つき壊れてしまった時、壊れた細胞を常に新しい細胞へと入れ替えているのです。

ビタミンB2は新しい細胞を作る時の成長を助ける働きを担っています。この働きが正常であれば肌の状態はとてもいいのですが、この働きが悪くなると肌荒れや口内炎になりやすくなるわけです。

もっと簡単に言うとビタミンB2はターンオーバーに関係しているビタミンなので、ビタミンB2が不足すると口内炎や肌荒れがひどくなってしまうわけですね。

ビタミンB2が欠乏するとどんな症状が起こる?

6b87143545378caa9741a177a51d1621_s

はっきり言ってビタミンB2が欠乏すると、怪我をした時の治りが悪くなったと感じたりします。

口内炎ができやすくなったり、口内炎ができた時に普段よりも治りが遅いと感じるようになったりするわけです。

逆に言えば怪我の治りが悪いと感じたり、頻繁に口内炎ができてなかなか治らないと感じたり、肌荒れがひどくなったと感じたらビタミンB2が欠乏しているという事になるのです。

ではビタミンB2が不足気味になったかも? と思ったら、どのように対処すればいいのでしょうか? 簡単に対処法を説明いたしましょう。

ビタミンB2が不足したらどう対処する?

275017

対処法としては普段からビタミンB2 が不足しないように食事でカバーする事が重要です。

といっても、ビタミンB2がどんな食物に入っているのかを見れば、そんなに満足できるほど食事では摂りきれないという事がわかるはずです。

まずは豚や牛や鶏のレバー類などにたくさん含まれているので、毎日レバニラ炒めなどのこってりとした食事になってしまうかもしれません。

そして困った事に食べ物から摂れるビタミンB2は意外と少なくて、満足いくほど食べていたら栄養ががっつりと偏ってしまうのです。

そこで誰もが行っている対処法がサプリメントでビタミンB2を摂取するという事です。チョコラBBなどはその代表的なサプリメントですね。

でもサプリメントでビタミン不足を補うと、逆に摂りすぎてしまうのではないか? なんて不安になる方もいるかもしれませんね。

ビタミンB2を大量摂取したら副作用はある?

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s

説明したようにビタミンB2は水溶性ビタミンの仲間ですので、例えばサプリメントなどで大量に摂取してしまったとしても、1日の最大摂取量を超えたら排出されます。

蓄積することはできないビタミンなので気にする必要はありません。摂りすぎたら自動的に尿と一緒に排出されてしまうのです。

なのでこれまでにビタミンB2を大量摂取したからといって、何か後遺症や副作用などが起こったという報告はありません。

どの研究機関でもビタミンB2の大量摂取で副作用が出たという話はないので、安心して口内炎の予防や治療のために、ビタミンB2を取り入れるようにしましょう。

口内炎の原因によっては効果が出ない事も!

ビタミンB2の不足が原因で口内炎ができやすいという体質の方は、予防策としても対策としてもサプリメントで解決する事ができるようですが、それ以外の事で原因不明の場合には別の対処法や予防が必要になります。

ビタミン不足を解消しても口内炎が治らない、口内炎が頻繁に出るという場合には、一度病院で検査などを受けてみるといいでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)